化粧のポイントの技

化粧のポイントは難しいテクニックはありません。まず色を乗せたときに「なじませる」「ぼかしこむ」こと、客観的にメイクの仕上がりを確認するため3つの鏡を用意すること、そして顔の額縁になる眉を自分に似合う形に整えておくことです。
この3つの化粧のポイントは、どのようなメイクであっても当てはまるものです。ナチュラルメイクでも、ゴージャスなメイクであっても、基本は変わりがないのです。

そこで重要な化粧のポイントになってくるのは、「流行に流されずに、基本形をマスターしておくこと」になるのです。流行は意識すべきではあるのですが、あくまでも基本形のアレンジで行うことが、外さない化粧のポイントになります。

特に流行が変わりやすい眉を中心に取り上げて、アイブロウコスメの使い方や役割をご紹介しながら、お手入れの極意もご紹介させていただきました。またついつい行いたくなる眉のムダな部分を毛抜きで抜くことがおすすめできない理由についてもお話ししています。

多くの方がほぼノーメイクである場合にも、眉だけは描く、ということが多いこと、流行の形でも似合わない眉に悩む方が多いので、取り上げました。

鏡で確認しながらメイクすることは非常に重要ですし、また顔の額縁になる眉はメイクをさらに美しく仕上がる化粧のポイントでも大きな部分になっているのです。眉のお手入れは男性がヒゲを剃るように、毎日確認すべきものですし、また一気に処理するのは失敗にもつながってしまいます。

自分に本当に似合う眉がつかめれば、メイクの上達にもつながります。確かに流行の形はありますし、それを行わなければ古い印象のメイクになります。

とはいえ流行を追い過ぎても、美しい仕上がりは望めません。自分に似合う形を基本として、流行の形にアレンジするのが賢いメイク方法で、美しい仕上がりになる化粧のポイントなのです。